my music

 Time Of Green

  • music, arrangement & words by Kiyopie's Workshop/© 2012 Kiyopie's Workshop
春という季節の到来を「心の卒業」というメッセージを織り込みながら歌ったポップなナンバー。歌詞付き。Live音源。
音源は、2014年3月14日のBar ロージーさんでのライブより。



[歌詞]

-----------------------------------------------------------------------

Time of Green   by Kiyopie's Workshop

心を止めないで
本当の気持ちはどこ
ざわめきの雨振り払うように
大きく深呼吸

扉を開けたらそこは
あふれるほどの日差し
昨日とは違う今日が待っている
時は動いている

長い冬が終わって
めぐり来た季節
緑の息吹感じて
すべての命
揺り起こされる時

胸の片隅に沈んだ
昨日までの憂鬱
その手で振り切れると
もう気づいたね
ちょっとした物音に
足すくませていた
幼い自分のままじゃないね
だから一歩前へ踏み出そう

心が折れそうなら
夢の地図を拡げて
ここからどこへも行けるんだと
言い聞かせてみよう

北風に打たれても
くじけない木々の
緑芽吹く小径を
誰かと手を取って行けるさ
きっと


微笑みの奥に秘めていた
苦い記憶
大人の今なら向き合えると
もう気づいたね
他人(ひと)の書いた物語に縛られていた
幼かった過去を抱きしめて
そしてずっと遠くへ駆け出そう

Here comes Time of Green
通り過ぎた日々はそれぞれだけど
目の前の道は自分の心で決めること
It's Time of Green
大丈夫さ
もう独力(ひとり)で歩けるね
どこまでも広がる夢の地図を

☆Repeat

もっと遠くへ

-----------------------------------------------------------------------

歌詞・曲は2012年の春に完成。



           *     *     *

子どもの時に辛い目にあったりして無力感を覚えた人が、大人になってもその感情を心に刻みつけたまま...そんなケースって決して少なくないように思います。
成長して大人になることで、自分の力で自分自身やその境遇を変える力を知らず知らずのうちに手中に収めているにもかかわらず、そのことに気づかず誰かの抑圧下から逃れられないと思い込んで生き続ける。
そんな人々が転機を得て「自分がすでに力を持った大人」であると気づき、その力を使って自己決定の人生を歩み出す時、それもまた一つの「卒業」と言えるのでは...そんなことを考えているうちに思い浮かんだのが、この歌です。
一人でも多くの「悩める大人」が「心の卒業」を迎えられるように...そんな願いを込めて。
ついでながら、いまだにへたれな私自身へのエールも兼ねて。


【別の音源】

☆2013年8月3日のLive Bar Matildaでのライブより。
お店のマスターのかっこいいカホン入り!



 selection

  • 小春日和
    柔らかな日差しが降り注ぐような、スローナンバー。歌詞つき。Live音源。 >>詳しく
  • Run, Rabbit, Run !
    わたしのステージネームでもある「うさぎ」をテーマにした楽しく軽快なナンバー! ライブでは「振り付け」もあるんですよ〜。 >>詳しく
  • 台湾に行き台湾
    台湾大好き!な私が「訪台歴4回」のあれこれを注ぎ込んで作った、渾身の(?)一曲。 >>詳しく

 all songs

 ★これまでの弾き語り曲一覧
 (最近の曲についてはこちらを)

LIVE情報

LIVE information

「うさじゐ」の名でピアノ弾き語りのLiveを、またジャズトロンボーン&ピアノのLiveもしています。

 

1st CD

うさじゐ 1st CD
"meet the 小動物 world!"

収録曲:
1.扉を叩け!
2. ここにいるよ
3. 台湾に行き台湾
4. Time of Green

 

Powered by Movable Type 5.04
···and also powered by···

Kiyopie's Workshop Kiyopie's Workshop