my music

 Amor Acuático

  • words, music & arrangement by Kiyopie's Workshop/© 2011 Kiyopie's Workshop
夏といえばラテン!夏の水辺が舞台の、人知れぬ恋を歌った、サルサ・ナンバー(ちょい昭和歌謡風味)。歌詞つき。
タイトルは「水生の愛」あるいは「水に生きる愛」といった意味の、スペイン語。
(「acuático」には、「水生の」という意味があります...水生動物、水生植物、とか言うような)

今回の曲は、
シチュエーションが、(なぜか異様なほどに)ハッキリしてます。
人目を忍ぶ仲の恋人たちが、
二人の秘密の場所である夏の水辺で、
ひとときの逢瀬を楽しむ...というものです。
二人で水中に戯れる短い時間だけが、
彼らにとって真の人生...そんな意味合いも含まれます。

歌詞は2コーラス書きましたが、
(2コーラス目のAメロは歌詞はなくインスト)
音源は、1コーラス分(***印の手前まで)だけです。


〔歌詞〕
-----------------------------------------------------------------------

Amor Acuático  by Kiyopie's Workshop

夕暮れの細い坂道
つかの間の逢瀬の時
待ちわびてた二人

偽りの日常を捨て
積もる辛さ もどかしさ
全てを洗い流そう

きらめく水面(みなも)が
二人を包む
どうかこのまま時が止まるならば

埃にまみれた花よ
水辺で清らに咲けよ
大勢の祝福なんて何もいらないから
ずっと二人でいさせてよ
たった一つ 切な願い
ゆらめく水の流れに身を任せて
短き時を生きる

***

〈間奏〉

この路地抜けたら
他人の二人
知らぬ振りして
背を向けて
街に消え行く

ひそやかに咲いた花よ
再び埃の街へ
人並みのレールを踏み外す自由があれば
しっかり二人手を取って
雑踏 駆け抜け 生きたい
ゆらめく水の流れに浮かんだ夢
はかなく水面に散る

-----------------------------------------------------------------------

(2011年8月完成)



 selection

  • 小春日和
    柔らかな日差しが降り注ぐような、スローナンバー。歌詞つき。Live音源。 >>詳しく
  • Run, Rabbit, Run !
    わたしのステージネームでもある「うさぎ」をテーマにした楽しく軽快なナンバー! ライブでは「振り付け」もあるんですよ〜。 >>詳しく
  • 台湾に行き台湾
    台湾大好き!な私が「訪台歴4回」のあれこれを注ぎ込んで作った、渾身の(?)一曲。 >>詳しく

 all songs

 ★これまでの弾き語り曲一覧
 (最近の曲についてはこちらを)

LIVE情報

LIVE information

「うさじゐ」の名でピアノ弾き語りのLiveを、またジャズトロンボーン&ピアノのLiveもしています。

 

1st CD

うさじゐ 1st CD
"meet the 小動物 world!"

収録曲:
1.扉を叩け!
2. ここにいるよ
3. 台湾に行き台湾
4. Time of Green

 

Powered by Movable Type 5.04
···and also powered by···

Kiyopie's Workshop Kiyopie's Workshop